冬はやっぱりカシミアが、暖かくて心地いい ~

冬はやっぱりカシミアが、暖かくて心地いい ~item
マコくん
マティ君

今年も寒いデス。。

侑

セーターの季節ですねぇ。カシミアがおすすめですよ~。

うさミン
うさミン

ウールとかアクリルじゃダメなのかよぅ?

侑

ダメじゃないんですが、寒がりな人にはカシミアおすすめですよ。

スポンサーリンク

カシミヤってどういいの?

カシミヤはカシミヤ山羊から採れる獣毛素材。柔らかい肌さわりと上品な光沢感がある素材です。他の繊維と比べてカシミヤの繊維はとても細く、空気をたくさん取り組むことができるので、軽く、保温性・保湿性に優れています。さらに 弾力性に優れていて型崩れもしにくいんだとか。

侑

私の場合チクチクするのが苦手なので、クロゼットの中は柔らかいカシミア率が高いです。暖かいですしね。

うさミン
うさミン

カシミアって高いぞぅ。お手入れも面倒だし~。

侑

最近は普通の会社勤めの私でも買えるようなカシミアも沢山あるんですよ~。高級すぎるセーターは汚すの怖くて不断使いで着れないです。。泣。

程よいコスパのカシミア100%のブランドをご紹介

最近はほどよい価格のカシミアアイテムも沢山作られています。やっぱりお手入れは難しいので何年も持たせるのは大変です。ほどよい価格でほどよく消耗していく。そんな緩い気持ちでカシミアと付き合っています。

やっぱりUNIQLOのカシミア

毎年発表されるUNIQLOのカシミアシリーズ。毎年少しずつ形が変わったりしているのでそこも楽しめるところ。今年も一万円以内のコスパの良さ。実は作られた年によっては私のような荒い使い方でも毛玉ができないカシミアセーターの時もありました。そんなセーターに当たった年はラッキーですね~。

おすすめポイント

毎年いろんなカラーと形が発売されてます。もちろん肌触りも柔らかで暖かいです。

カシミア100%でこの価格は素晴らしいですよね。冬にはUNIQLO大感謝際もありますのでさらにお得に購入できるかもですね。

侑

毎年、色が微妙に違うので要チェックしてます。

 

五泉ニットのカシミア

新潟県五泉市のニットは日本最高峰のニット。(なんと!江戸時代から五泉では繊維産業がはじまったらしいです)メイドイン五泉は技術とセンスがつまった素敵なブランドです。

おすすめポイント

こちらはアームウォーマー以外にもネックウォーマーやセーターもありますのでカラーを合わせれるのもいいんですよね。

寒い日はこうやって室内でも着用して使えるのもありがたいです!

侑

カシミアですが少し固めの感じ。アームウォーマーなので柔らかすぎず長く付き合っていけそうですね。

オンワード樫山のニット

デザインの企画からパターン、素材の開発、品質管理、納品までを一貫体制で行い、全て自社で管理するオンワード樫山。高品質な商品作りをされている日本製の素敵すぎるブランド。
オンワード・クローゼット公式サイト

おすすめポイント

オンワード樫山の中のいろんなブランドからいろんなニットが毎年発売されています。ちょっとお高くはなりますが、デザインが流石、オンワード。洗練されてます。

エコフやグリーンキャンペーンを利用すると割引でお得に購入できます!

カシミアのメンテナンス

お手入れ苦手の私ですが、一応たま~に簡単な(適当な?)メンテナンスをしています。楽さ優先のケア方法なのでもっと大切に扱いたい方にはおすすめしない方法かもですが。。

①シーズン終わりには平野ブラシでケア。

②洗剤はランドレスのウールカシミアシャンプーを使用。

③シーズン終わりに毛玉取器で毛玉を少しカット。

侑

ブラシも毛玉取器もやりすぎは繊細なカシミアには良くないので気をつけてくださいね。

うさミン
うさミン

暖かいカシミア、ゲットしてくれよな!

それでは皆様、素敵な週末を。

タイトルとURLをコピーしました