ウイルス抑制効果もあるらしい、日本茶を飲んでほっと一息。

緑茶のカテキンがウイルス予防になるそうで。、

くすり飲むより美味しいし〜お手軽そ。

インフルエンザウイルスには、抑制効果があると言われているカテキン。正直新型ウイルスに緑茶のカテキンが効果があるかは不明ですが、緑茶は身体にいいのでたまには飲んでみたいなと思ってます。

目次

伊藤久右衛門(いとうつねえもん)の日本茶

そんなわけで前から気になっていた伊藤久右衛門さんの日本茶を。

伊藤久右衛門

天保三年創業の京都宇治の老舗、伊藤久右衛門。多くの有名寺社にもご用達されているんだとか。機械摘みが主流となった現在も、高級銘茶は優良茶園の経験豊富な職人による“手摘み一番茶”のみを使用。さらに職人さんがその日の温度や湿度を見極めながら、品質や茶園の異なる茶葉をバランスよくブレンドしていて一年を通じて同じ色・味・香りを保てるそうなんです。

こちらのセットは伊藤久右衛門の代表する10種類の茶葉を試せるセット

日本茶といえども種類が沢山あって決められない。。なのでまずはいろいろ試して自分好みの味を探ることにしました。

なんとなく選んだこちらのセット。思っていたより沢山入っていてワクワク。

『必ず美味しく飲める淹れ方』しおりがついていましたので、自分好みの宇治茶を探せそうですね。

カテキン重視なら煎茶多く含まれておるぞ。

セットの10種の茶葉の内容

  • 甘露 5g×1袋(玉露)
  • 宿り木 5g×1袋(くき茶)
  • 宇治山 5g×1袋(かぶせ茶)
  • 喜撰山 5g×1袋(煎茶)
  • さみどり 5g×1袋(煎茶)
  • 長寿 5g×1袋(煎茶)
  • 抹茶入りかりがね 5g×1袋(くき茶)
  • 抹茶入り玄米茶 8g×1袋(抹茶入り玄米茶)
  • 煎茶玄米茶 8g×1袋(玄米茶)
  • 宝かおり 8g×1袋(ほうじ茶)

すごい沢山です、、飲んでみないとわからないですね。。

というわけで、、急須はないけどお茶をいれてみる

カテキンは高温の方が溶け出しやすいため、熱いお湯のほうがカテキンを多く摂取することが出来るんだそう。

そんなわけで熱い日本茶をいれて飲んでみます。

急須がないのでピッチャーと茶漉しで日本茶をいれてます。茶葉は宿り木を。

沸騰させたお湯を茶漉しにいれた茶葉を蒸らしつつ、ゆっくりいれていきます。

はい。出来上がり。やはり淹れたてのお茶はいい香り〜。味も後味さっぱり美味しいです〜。

残りのお湯はティーパックに淹れた茶葉を、ピッチャーに投入してまるごと緑茶に。

このピッチャー、保温効果の高いダブルウォールグラスのなので温かい状態で何杯も飲めちゃうのがいいんです。

日本茶、、なんか落ち着く〜。煎茶が好みかな〜。

普段は珈琲大好き人間なので週末だけのお楽しみにはなりますが。。

それにしても、伊藤久右衛門の抹茶大福もおいしそうだったな〜。。

結局気になるのは、スイーツかいな。。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる